終末のランナー

本気じゃないけど、走ることが好き。珈琲やMISFIT、本とかの気晴らし記事もアップしてます。

MENU

ランニングにオススメのアプリ紹介―音楽、ラジオ、計測―

ランナーにオススメのiPhoneアプリ

僕は走る際に、イヤホンをしながら走っています。まぁ、安全などを考えると決して良いとは言えませんが音楽やペース配分を聞くためにも装着しています。ですから自己責任だということを理解していただいたうえでオススメのアプリを紹介したいと思います。

 

 

 1.RUN METER

Runmeter GPS ランニングストップウォッチ

Runmeter GPS ランニングストップウォッチ

  • Abvio Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 これはランニングコースをトレースしてくれるためのアプリです。類似品は数多くあり、RunKeeperやNIKE+Runningなどがメジャーでしょうか。いろいろ好みもわかれるとは思いますが、ユーザビリティが高いアプリです。特に難しい操作もなく簡単に始められますし、必要な機能も十分備わっています。バグやアップデートの更新頻度もそこそこありますから安心して使っていけるアプリだと思います。

f:id:masa002:20140201144017p:plain

このアプリに限らずですが、経過距離もしくは経過時間ごとにペースや時間/距離を音声でアナウンスしてくれるのは便利です。ペース配分を間違わないためにも大会中も使用しているほど最重要アプリの一つ。

そのほか、SNS連携はもちろん、高低差・カロリー・心拍数・トレースなどが揃っています。

 

f:id:masa002:20140201144030p:plain

 

 

そのほかのランニングアプリ
RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡

RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡

  • FitnessKeeper, Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

Nike+ Running

Nike+ Running

  • Nike, Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

2.ListenRadioリスラジ

 最近、KAT-TUNの亀梨君が出演しているCMでお馴染みのアプリですね。

これの良い点は気分に合わせて、シチュエーションを選んだ選曲が可能なところ。たとえば、仕事中なら仕事に合った曲を選び、リラックスしたいときならスローテンポの曲が流れ、ランニングするときはアップテンポの曲を流してくれるといった具合です。

そのほか、「最新/ヒット」や「気持ち」、色で選ぶ「なんとなく」など多彩なカテゴリーから選べます。馴染みの自分の曲を聴くのもいいですが、時にはリスラジで掘り出し物の曲を見つけるのもいいかもしれません。

 

f:id:masa002:20140201145327p:plain

 

3.radiko.jp

radiko.jp

radiko.jp

  • Alfredcore Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

 

2.で紹介したリスラジとは違った主要AM/FMラジオ局が聴けるアプリがこれ。

だいぶ浸透しているので今更感は否めませんが、やっぱり外せません。

僕はJ-WAVE(FM)が好きなのでよく聴いています。

f:id:masa002:20140201145801p:plain

 

4.Podcast

 

Podcast

Podcast

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

ポッドキャストは日々忙しく生活している人に情報と知恵を与えてくれる最良のアプリです。もちろん、堅苦しいものだけでなく有名芸人のラジオ収録プログラムもあります。僕が好んで聞く作品は「学問ノススメ」や「TEDTalks」、「FM FESTIVAL」などです。タメになる話を

走りながら聞いてます。時間がなくて本を読む暇もない人にとっては、耳で読む本みたいな感じで使えるんじゃないでしょうか。itunes内でもコンテンツが充実してきてますので皆さんに適った作品が見つかるはず。

 

TEDTalks ビジネス

TEDTalks ビジネス

  • TED Conferences LLC
  • ビジネス
  • ¥0

 

FM FESTIVAL

FM FESTIVAL

 

走る+学ぶ+楽しむ

走る行為と耳で聞く行為は、排他的ではありません。

まぁ、当然ですよね。

言い換えれば、活用次第では一石二鳥な話なんです。だって走りながら学習したり、話題を拾って知識を増やしたり、新しい音楽にであったり、走りそのものをアシストしてくれたり、走る+学ぶ+楽しむを一度にできるのですから使わない手はないでしょう。ただ…

耳を塞ぐことは手放しで良い!と言えるのか?

最後にもう一度伝えておきたいことがあります。

それは、耳を塞ぐということは周囲の音が聞こえにくくなることでもあるということです(ヒドい場合は全く聞こえない)。

それは後ろから近づいてくる自転車や角から出てくる自動車への注意が遅れてしまい、万が一の・・・可能性があるということです。あるいはこういうことも言えます。森林の中や川沿いを走るのであれば、せせらぎや美しい小鳥の鳴き声、風でこすれる草木の音など、素晴らしい自然の音色をシャットアウトしてしまうことでもあります。

 

このように必ずしも耳を塞ぐことは良いことばかりではありません。それをお伝えしたうえで「時」と「場所」を考慮しながら、紹介したアプリをランニングに取り入れてもらえればと思います。