読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終末のランナー

本気じゃないけど、走ることが好き。珈琲やMISFIT、本とかの気晴らし記事もアップしてます。

MENU

暑い中を走るためには

灼熱の都内をどうやって走るのか

 
f:id:masa002:20140801214401j:plain
 
 
こんなに暑い日が続くとは思ってもみなんだ。
 
もわぁー、っと立ち昇る湿気。フライパンと化したアスファルト道路。どう立ち向かえばいいのでしょうか。
 
ライフハッカーでも暑い中のランニングについて、記事が書かれていました。
 
 
必要なのは、水分と走る時間帯、夏シーズン向けのランニングメニューです。
 
水分は、言わずもがな熱中症や脱水症状を防ぐためのものです。
 
走るタイミングは早朝が快適に走れる時間帯になります。日中に走るものなら、ぶっ倒れること間違いありません。身体にも負荷が大き過ぎます。効率的なトレーニングをするのであれば、なるべく気温が高くない時間帯がベストのようです。
 
 
また、いつも通りのランニングメニューとは別にサマーシーズン専用のトレーニングを用意するべきとも言っています。
 
 
春、秋などと同じメニューをこなすとなれば過酷なランニングになるでしょう。無理をせずに、距離を短くするなどの工夫が必要なのかもしれません。
 
何れにしても、身体を壊しては本末転倒な訳ですから
身体の声を聞きながら健康的なランニング生活を送りたいものです。