読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終末のランナー

本気じゃないけど、走ることが好き。珈琲やMISFIT、本とかの気晴らし記事もアップしてます。

MENU

【番外編(下)】 西沢渓谷(山梨)に行ってきたの巻

@HEALTH

連休の真ん中でも渋滞発生。ちょっと遅れての到着

出発までのお話はこちら

 

【番外編(上)】 西沢渓谷(山梨)に行ってきたの巻 - 終末のランナー

 

 

ん~、しょっぱなから躓きました。

中央道で渋滞です。連休の真ん中で大丈夫だろうと考えたのが甘かった。

幸い、そこまで時間ロスも無く通過できたのが良かったです。

やはり余裕を持って出発したほうがいいですね^^;反省

 

 あと、高速を使った時に活躍するのが以下のアプリ。今回も役立ちました。

 

渋滞ナビ - リアルタイム 渋滞情報

渋滞ナビ - リアルタイム 渋滞情報

  • flictec Inc.
  • ナビゲーション
  • 無料

 

 

そして、勝沼ICを下車し、下道で小一時間。自宅から3時間弱で西沢渓谷に到着です。

途中、富士山が見えてハッピーな気分に。

f:id:masa002:20141124195226j:plain

入口に近い駐車場はすでに埋まっており、近くの道の駅にある臨時駐車場へ止めました。

f:id:masa002:20141124194817j:plain

f:id:masa002:20141124194823j:plain

 

 

いざ西沢渓谷をハイキング!

では、いざ沢登りへ出発です!

 

落石注意の立て札。けっこう道が崩れている箇所もあるとか。注意、注意。

f:id:masa002:20141124200007j:plain

f:id:masa002:20141124200221j:plain徐々に道は狭くなってきます。

f:id:masa002:20141124200135j:plain

ハイシーズンに来れば、さぞかし紅葉が綺麗だったでしょう。すでに季節も終わり、落ち葉がごっそり地面に落ちています。

f:id:masa002:20141124200307j:plain西沢渓谷の道途中で山荘が現れました。いまは休業中のようです。

f:id:masa002:20141124200417j:plain

暫くすると、吊り橋が!結構揺れて、怖かった・・・。

いそいそと渡りきり、先を急ぎます。

f:id:masa002:20141124200613j:plain

この西沢渓谷には魅力ある滝が多くあるのですがもうひとつの見どころとしていきもののカタチをした岩がいくつかあります。

f:id:masa002:20141124200737j:plain

f:id:masa002:20141124200749j:plain

f:id:masa002:20141124200759j:plain

f:id:masa002:20141124200809j:plain

なんとなく言われてみれば似ているような気がしてきますね。

 

ところで、ここの水はエメラルドグリーンの色をしていて、とても綺麗でした。

沢水が透き通るほどに綺麗であることもそうなのですが、実は水底にある白い岩石(花崗閃緑岩)に光が反射して、短波長の青系だけ吸収されずに水面を通過するため僕達の目にきれいなエメラルドグリーンに見えるようです。

 

きれいな水と土地特有の岩石の組み合わせによって生み出される自然の美しさですね。

f:id:masa002:20141124200935j:plain

そして、幾つもある滝の中で一番印象に残ったものがこちら。七ツ釜五段の滝。五段にもなった滝は自然のなせる力。素晴らしかったです。

f:id:masa002:20141124201052j:plain

f:id:masa002:20141124201040j:plain

 JETBOILで体があたたまる

折り返しとなる終点では、コンビニで買ったおにぎり、インスタントの味噌汁とコーヒーを。

山登りをし始めてから使っているバーナーのJETBOIL。

f:id:masa002:20141124201529j:plain

 

JETBOIL(ジェットボイル) バーナー ZIPジップ ブラック 1824325 BK 【適合性検査済日本正規品】

JETBOIL(ジェットボイル) バーナー ZIPジップ ブラック 1824325 BK 【適合性検査済日本正規品】

 

 

 

JETBOILで簡単クッキング (TRAMPIN’BOOKS)

JETBOILで簡単クッキング (TRAMPIN’BOOKS)

 

 

コンパクトに持ち運びでき、熱効率も良いので数分でお湯が作れます。

 

上流に行けば行くほど、気温は下がり体が冷えます。動いているうちはいいのですが一旦休むとみるみるうちに体温が下がっていくのがわかります。

 

そんな時には温かい味噌汁。自然の中で、温かいスープなどを頂くのも山登り・沢登りの醍醐味ですな。

f:id:masa002:20141124201559j:plain

 

食事を終えて、今度は復路です。復路は往路に比べてなだらかに降っていくので負担が小さい感じでした。

途中、トロッコやそれに使われていた線路が。

f:id:masa002:20141124202211j:plain

f:id:masa002:20141124202220j:plain

 

昔は、木材を運ぶのに馬を使ってトロッコを動かしていたとか。人間とはどんなところにも道を作っていく生き物なんですな。すごい。

 

と、そんなこんなであっという間に元いた場所まで到着。1時間ちょっとでつきました。

さらば西沢渓谷。

f:id:masa002:20141124202413j:plain

幾つもある滝と面白い岩など、見所がたくさんあったおかげで全く飽きずにハイキングを楽しむことが出来ました。

 

そして、今度は紅葉のシーズンに来たい!

鮮やかな紅葉と滝の組み合わせはさぞ素晴らしいでしょうから。また行きたいと思わせる魅力あるスポットでした。

 

 

 

帰りは、寄り道もせずさっさと帰宅。

早起き&運動でベッドですぐに眠り込んでしまいました。

いやぁ、疲れた^^;