読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終末のランナー

本気じゃないけど、走ることが好き。珈琲やMISFIT、本とかの気晴らし記事もアップしてます。

MENU

アラサーの僕が定期購読しているオススメ漫画6選

f:id:masa002:20160304233725j:plain

大人になっても漫画は大好き

もうアラサーの僕ですが、やっぱり漫画は読んでいます。

日本に住んでいるのならば、この漫画というカルチャーは外せません。

 

週刊少年誌を毎週買って読むほどまでに熱はありませんけど、それでも次巻が待ち遠しい本がいくつかあります。

今回は、そんな僕が続巻を待ち遠しく楽しみにしている漫画を紹介したいと思います。

 

  1. ジョジョリオン
  2. ヴィンランド・サガ
  3. あれよ星屑
  4. ブルージャイアン
  5. 東京喰種
  6. デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション

 

ジョジョリオン荒木飛呂彦

 言わずと知れた奇才荒木先生のジョジョ第八部にあたる「ジョジョリオン」。

僕は中学生の頃、週刊少年ジャンプを読んでいたのですがどうもジョジョが好きになれませんでした。しかし、大学生になって改めてコミックで読みなおすと、あれ?面白いじゃん!という感じで3部から始まり、現在の8部までを読み続けております(1,2部は読んでないにわかファンです)。いつも不利な状況なのに、主人公たちは持ち前のクールさと情熱で逆境をモノともしません。カッコイイぜ。

 

 ジョジョリオンは、第4部の舞台である杜王町が再び登場します。実際にあった震災をモチーフにしていたり、荒木先生の故郷である宮城県仙台市を意識している面もあったり。それはともかく、ただ言いたいのは、「スタンドの能力がマニアック過ぎる!」ということ。

 

ヴィンランド・サガ幸村誠

 

ヴァイキングを扱った漫画。幸村先生は、プラネテスからのファンでして、今回のヴィンランド・サガもスケールが大きいです。フィクションではあれ、大昔に略奪や人殺しが当たり前のように横行していたかと思うと、いまの時代に生まれて本当に良かった!

ワンピース読むと海賊に憧れるけど、ヴィンランド・サガはあまりにも怖すぎてそんなこと考えられないっす。

 

「あれよ星屑」山田参助

 これは、HONZで紹介されていたのを目にして試しに読んでみた作品。

honz.jp

うん、好きでした。

戦後の日本が舞台になっており、その時代を生きる人達の描写が僕にはとても新鮮です。例えば、当時の言葉遣いだったり、風俗なども盛り込んでいたり、歴史の勉強にもなります。

70年前の時代を生きたモノクロでしか知らない人達。そんな人達がいまと変わらない心をもっているという“当たり前を知る”漫画でもありました。

 

あと絵も独特なのですが、それも好き。

 

「ブルージャイアント」石塚真一

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

 

 

この作者も有名かと。小栗旬主演で映画化された「岳」の人です。

 そちらは読んだことがないのですが、ジャズという題材が面白そうだったので手にして読んでみました。そうしたら、「熱血少年漫画」という感じで大好物のやつでした。

 

サックスの虜となった宮本大の成長譚を描いた漫画なのですが、ジャズというとても熱い音楽を見事に漫画で表現していて、すばらしいの一言。プレーしている場面は、とくにゾクゾクします。最も続巻を楽しみにしている漫画です。

 

「東京喰種」石田スイ

石田スイさんは、 とても才能あふれる期待の若手だと思います。

設定がまず面白い。

人間とそれを捕食する喰種との対立がベースにあって、そこに特異点となる主人公(半人間半喰種というまるで仮面ライダー)が生まれます。人間と喰種、それぞれの正義のぶつかり合いが、とても切なくて、歯痒いのです。僕達読者はいつも割り切れない思いを感じながら見守ります。それにしてもグロくて、切なくて、作者の闇を感じずにはいられません。悔しいことに面白いのですけど。

 

「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」浅野いにお

 

 素晴らしい世界、ソラニンおやすみプンプン(途中で辛くて挫折)など浅野いにおさんの一挙手一投足がホント気になります。ある点で、漫画業界を引っ張っている気すらします。何かやってくれるんじゃないかという期待と、それとは裏腹に厨二臭がプンプンする感じ。そして内心、「浅野いにおに惹かれているおれはまだ青臭いというのか、くそ」という自暴自棄。まんまと浅野いにおワールドに落ちていくのです。

 

本作も、タイトルからしてエキセントリックです。女子高生たちを主人公に平凡な毎日が描かれつつ(でも切実な年頃)、なぜか急な場面展開で一気にインデペンデンス・デイ状態へと。この先どうなるんだ!気になる!

 

まとめ

紹介した6作品は、新刊が出れば必ず購入しています。

読み方は以前のような紙のコミックスとは違って、もっぱら電子書籍で読んでいます。

漫画って巻数多いとかさ張るんですよね。しかも、amazonでポチれば、発売日にすぐ読むことも出来ますし。なんてすばらしい世界なのでしょう。

ぜひみなさんも素敵なまんがライフをお過ごしください。

 

 

 

 

 

プラネテス(1) (モーニングコミックス)

プラネテス(1) (モーニングコミックス)

 

 

 

岳(1) (ビッグコミックス)

岳(1) (ビッグコミックス)

 
 
コチラの記事も

 

masa002.hatenadiary.jp

masa002.hatenadiary.jp

masa002.hatenadiary.jp

masa002.hatenadiary.jp

masa002.hatenadiary.jp